新卒採用で気をつけたい入社直後の姿勢

新卒採用は採用計画から入社までが一つの流れです。

採用できて終わりというものではありません。

当然人材を採用して育成するということが一番重要になります。将来の会社を支えてもらう重要な戦力になってもらいたいからです。
新卒紹介事業もDYMでは行っております。

新卒採用で重要なのは、新卒採用の計画だけでなく入社直後の会社の姿勢です。例えば業種にもよりますがアルバイトを多く採用している会社だと起こりやすいのが、アルバイトと正社員の違いといったところでしょう。



多くの新入社員が辞めてしまう理由の中には、アルバイトとの関係がはっきりしないとか、指導してくれる人材が誰なのかはっきりしない、会社風土に合わない、上司の意見が人によって異なるといった理由だと言われています。


昔なら「仕事は盗んで覚えろ」と言っていた団塊の世代とは違うのです。

世界を変えられる企業でありたいというのがDYMの抱える目標の一つです。

例えば業種にもよりますがアルバイトを多く採用している会社だと起こりやすいのが、アルバイトと正社員の違いといったところでしょう。

多くの新入社員が辞めてしまう理由の中には、アルバイトとの関係がはっきりしないとか、指導してくれる人材が誰なのかはっきりしない、会社風土に合わない、上司の意見が人によって異なるといった理由だと言われています。
昔なら「仕事は盗んで覚えろ」と言っていた団塊の世代とは違うのです。



そのため何をしたらいいかわからないという新入社員も多くいます。


ここで一番大切なのは新卒採用時のイメージと実際の入社してからのギャップや分からないことの不安が不満になることです。
このような不安を感じさせないようにするためにはなるべく会社との接点を事前にもっておくべきなのです。



例えば父母に対して会社説明会を行う、内定者の懇談会や会食、会社見学や工場見学、会社の中でのインターンやアルバイト、メールやSNSを使ったコミュニティなどです。


新卒採用では新入社員の不安や不満を解消するには既存社員の意識もとても重要になります。

新入社員が入社後に自然に仕事に取り組めるような雰囲気作りを事前に行うことが大切です。